2005年12月31日

大晦日




酒飲んでます。
てかやばい、飲みすぎて気持ち悪いよ・・・。
泡盛60度飲むんじゃなかったー・・・・キッツイわぁアレ。
飲んだ瞬間カァーッ!!ってキた!!
匂いだけでもキツイのに、一口飲んだだけで大ダメージだよw

まだまだ弱いなぁ俺・・・・。
シャルドネ1缶でこれだからなー・・・やだやだ。
もっと酒に強い体質に生まれてたかった。
姉貴がうらやましい。


親父の会社の友達が遊びに来てます。
つい最近っというか結構前かな?
子供と借金置いて奥さんに逃げられてしまったという可哀相な人です(ぇ


子供好きでね、自分の子供と戯れてるところ見ると和むんだw
それにすごく親しげに話しかけてくれるしね、
まぁ俺が小学校3年くらいからの付き合いだし。
久しぶりに会ったのに、全然変わりなかったよ。
相変わらず面白くて優しくていい人だw

あの人なんか可愛いよ。
なでなでしたくなるよ(ぇ

あぁー・・・してぇ。



頭のネジが緩んでる!
早く新年やってこい!!!
posted by ユーキ at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

Tamptation Of Devil




悪魔の誘惑って奴(ぇ


あー、悪魔関連で、バーティミアスの新刊が欲しい。
どうなるんだろーなー、ってか、ナサニエルがどんどん性格悪く・・・。
バーティミアスなんとかしてあげてよ、ナサニエル嫌いになりそうだ。


なんだか、年賀状の色塗り係になった模様。
いいよ他のしいから、色鉛筆大好き。一番好きかなぁ。
絵の具とか水彩系は滲むのが怖いし、
クレヨンとかパステルとかはなんか色が混ざると汚いんだよね。
それを上手く使わないといけないんだけどさ。




すぐにがっつく男って嫌だよねー(ぇ
なんかそれはそれで必死っぽさがあって面白いけどさ。(マテ
性欲はあるけど精神的な付き合いのほうが好きだというかなんと言うか。
何でもかんでもえっちに繋げるのは、よくないと思います(何
一人でマスかいてろばーか、って言いたくなる(ぇ


クロノクロスの音楽いいよね、
クロノトリガーも負けないくらい、いいけどさ。





やべえ、エイリアン9見たくなってきた・・・orz
posted by ユーキ at 21:24| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

不器用





あの人の傍にいると たばこの匂いが鼻につく。

黙っているとちょっと近寄りがたい雰囲気出してて。

でも真剣に資料の整理してるあの人の背中は、

ちょっぴりかっこいい。


↑の文章で誰の目線で語っているのか分かったら貴方はマイナーだ(ぇ



最終兵器彼女の1巻を手に入れたので読んでみている。
ちせが某天然おっちょこちょい娘に似ていて和む(ぇ

そういえば最終兵器彼女、実写映画化したんだってね。CM見た。
すごいねーCG・・・・・でも、エイリアン9だかを思い出したw

あのアニメもう一回見たいなー・・・・ちょっと百合っぽくて萌える(ぇえ



あともうそろそろアニマックスでどっハデのやつで、
エヴァの一挙放送が始まるのでビデオを新しく買ってこないとなー。

ってかエヴァの漫画ほしいです、鋼鉄のガールフレンドもちょっと興味あり。
ただマナとかいうアバズr(ry 女の子が出てきてアタックしてるらしいんで、
あぁー・・・・とか思いながら買う手を止めています。(ぇ


っていうか最近また、昼と夜が逆転し始めてる、直さないとなぁ。




もうすぐ年明けですね。
みんなどんな思いで来年を迎えるんだろう?
どうか来年を幸せな年でありますように。



(・∀・) さーて年賀状もだけど漫画でも描くかーってか・・・・タグもやー・・・・


新れだみ、とにかく見易さ重視で作ってます。
がんがれ、俺。
posted by ユーキ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

ありがとう、また明日




少しだけ何かに対して吹っ切れたような気がします。
もう少し自分の事考えて出来る範囲で全てをやって行きたい。
大体からして最近の俺は押され気味で受け受けしい、これがいけないんだ。
以前のように大きく胸張っていこう。
どこから来るかわからない自信で笑ってみよう。

現実がどうたらなんてことは、あとから考えればいいんだ。


元気出てきました。



胸の内に溜めていることは吐き出そう、ここじゃなくて現実に。
溜め込んでしまうから解決しないんだって今更気付いた。
何から始めたらいいかわからないけど・・・・なんとかなるなる。



それもこれも、あいつのおかげかもしれない。
話している内にスーッとなくなっていくんだよね、ストレス。
逆に溜まることもあるけど(ぉ

人に話すことに慣れてきたら、そろそろ歩き出そうか。
かなり置いて行かれてしまったけど、まだ間に合うよね。

好きなことしたいから、頑張らないといけないんだって、
好きなことするために、頑張らないといけないんだって、
諦めたくないから、歩いてくんだって、
そうして苦しみながら生きていくんだって。

いつかわかる絶望を恐れて人は生きていくけど、
負けない光を背負うことは出来るから。
なんとか歩いていけるんだ。




絶対なんて存在しないんだって、ある人が言っていた。
絶対なんて言葉ほど、曖昧なものは無いと。

だから、絶対は無理だけど。

歩ける限り進むことは可能だから、負けません。
暗闇の中でもがいてたけど、少しだけ光が見えました。



全ての人たちへ

ありがとう 、 大好きです
posted by ユーキ at 19:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 恋情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

残滓





自分の心に聞いてみた。
今どうしたいのか。

楽したいけど、今頑張らなきゃ、楽出来ないといわれた。

確かに、そうだと思った。
思っただけである。

また、自分が何をすればいいのか考えた。

岩を回避する方法を教えてもらった。

それはいい考えだ、と思った。
教えてもらっただけである。


聞いて教えて考えて、行動には移さない。
こんな中途半端な自分自身に、イラつきはじめるけどどうにもならない。
喉を掻き毟りたくなる。結局それも自己満足。自己悦。
自分が可哀相なだけ。


そんなオナニーみたいな、心の残滓が、果てなく続いている。
もうすぐ枯渇するのではないか。不安になってくる。



大人になんてなりたくない。
大人になるのが怖い。
大人って何?



私は まだ 子供?






クロノア2クリアしたけどまた始めからやってみようと思う。
可愛いなぁ、こんな世界はきっと素敵なんだろうなぁ。
自分の心の中だけに閉じこもる事が出来たらなぁ。
それが出来ないから苦しんで生きているんだろうなぁ。

年賀状、ちょっとずつ 進んでます。
posted by ユーキ at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

めりー、くりすます





パンクしそうな頭で叫びましょう。喉が枯れる位咆えましょう。
枯渇して何もなくなった心を貴方という存在だけで埋めましょう。

っつか、寒い。
今もキーボード打つ指がかなり厳しいですorz
カチカチカチカチorz
あー、アニマックスで肉二世やんねぇかなぁ。
てかね、やばい、イリューヒンにハマりそうだ。あの人素敵だw
ヒカルドも結構好きなんだよなぁ、あ、でも一番の本命はガゼルw
何でこんな影の薄い人たちばっか隙になるか知らないけど、
いやまぁ、うん、好きだからしょうがない(ぇ



あー・・・鬼束ちひろのアルバムCDが欲しい。あの人の歌好きなんだよね。
歌詞も好きっていうか、心にしみます。寒いです(ぇ
さむ・・・。

あぁ、OFFそろそろだね。早い早い。あっという間だ。
行けるかな、行きたいなぁ。楽しみだなー・・・。
まぁ行けなかったら、水族館ですけどwwwww

汚れた海しかないけど、俺は好き。




―――――――ネタ



「少なくとも、俺は、お前の事裏切ったりなんかしないから」

真っ暗闇。ただ儚い月の光だけが二人を映していた。
薄い影が足の先から伸びてる。寒いのに、コート1つ着ていない。
カチカチと歯が鳴るのに嬉しそうに笑っていた。

「怖がらなくていい、世界中のみんながお前を嫌っても、俺はお前が好きだから」
「そんな奇麗事」

月明かりが途切れる。雲が月を隠した。
まるで相手の心を隠すかのような暗黒が、目先を包み込む。
それでも、優しい声が聞こえる。泣きたくなるような暖かい声。
そこには温もりがある。

「約束してやる」
「約束?」
「うん、絶対に、嘘はつかない」
「絶対なんて言葉ほど曖昧なものはないだろ?何を根拠に信じろって言うんだ」
「俺の気持ち」

馬鹿みたいだ。なんでそんなに何の意味も何の価値もない心だけで人を信じることが出来る。
どうしてお前はそんなに、優しく笑うんだ。
明日には、会えなくなるような相手に。

「指きりをしよう」
「馬鹿馬鹿しい」
「ほら、小指貸して」
「何を馬鹿なことを」
「うん、わかってる」
「・・・ッわかっていてどうして!!」
「・・・・・・怖がらなくていいよ、俺は簡単に死んだりしないし、お前に嘘もつかない」
「そんなのは信じられない!今ここに居る事が全てなのに!!何を・・・!!」
「泣かないで」


あの人の指は、とても温かかった。
絡めた指から伝わる体温で、自分の指がかなり冷えていたことに気付く。
その体温を確かに感じながら呆然と小指の絡まる情景を見ていた。
瞬間ぼんやりしていた自分がぐらりと揺れる。
思わぬ力で引き寄せられたんだ。


「・・・・・・好きだ」
「・・・・・・・・」
「また明日、明後日も、明々後日もその先もずっとお前のそばに居る」
「・・・・・嘘つかないな?」
「あぁ、指きりげんまん、うそついたらハリセンボンのーます・・・♪」
「「・・・・指きった・・・・♪」」



明日、いなくなるかもしれないという不安。
明日、死んでしまうかもしれないという不安。
明日、明日が無いかもしれないという不安。
不安だらけの毎日で。
優しく頬を撫でてくれるのはあの人だけで。



「随分冷たくなったな、部屋に戻ろうか」
「ん、・・・・あぁ」
「・・・・・・何?」
「・・いや、別に何も」
「顔に出てるっつの、俺の部屋、来いよ」
「!!」


怖いのは。
貴方が好きだから。
posted by ユーキ at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

崩れていく毎日と



作られていく苦しみ。

喩えようの無い不安と

意味の無い時間だけが私を支えていく。

いつか終わる日まで。




自爆しました。脳内で。
気を緩ませたら泣き出しそうです。
もうそう長くは無いだろうな、この日記も。
頑張って書いてたつもりだったんだけどな。

高校受からなかったら家を出ようと思う。
受からなかったら完璧に居場所がなくなるし肩身が狭くて死ぬ。
行くあてなんてないけど出る、この家にはいたくない。
「無謀だ」って言われても仕方ない。
これしか方法が無い。
それだけ追い詰められているんだって頭でわかってるのに、
そこから先へ進めない。

頭から否定されてきたからもう諦めてるのかもしれない。
あの人と、父親と話をすると自分が一人ずつ殺されていく気がする。
心の中で自分が否定されて殺されてるような気がする。
押さえ込まれて二度と吹き返さなくなるような気がする。

調理の高校に行きたかったと言えば行きたかった。
でも俺の頭じゃいけないし、それにお金が無い。あってもだめ。
どんなに俺が行きたいといっても、父親はそれを許さないだろう。
何が理由か知らないけどあの人はそういう方向に進むのを許してくれない。
何であんたが俺の将来を決めるんだ。
何であんたが俺の人生を決めるんだ。
何であんたが俺を決めるんだ?


苦しくて仕方ない。
「みんな一緒だ」なんて言われたくない。
そんな事言われたってわからない。
一緒にされたって感覚は違う。
「みんな一緒」って言葉。
大嫌いだ。


明日、学校終業式です。
なんとか頑張って朝から行こうと思います。
途中で泣き出しそうで怖いです。
いい加減どこか泣ける場所を作りたい。
壊れる前に吐き出したいのに。

もう壊れてしまったほうがいいのかしら。

それも悪くないかもしれない。




ごめんなさい。

いろんな人にごめんなさい。

もう

だめそうです
posted by ユーキ at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

ゴシックパンク




姉貴とゴスの道へ進んでいく俺。
でも俺はどっちかてとパンク。
でも3段フリルスカートは考え中orz h.naotoの服が欲しい。


RO、ブラスミかなんか作ろうかなー?
ってか、何か変わった奴を作りたい・・・。何かなーいー?


今日、学校に行きました。
転校生が着たので、新しく集合写真を撮るからと。
「カメラ屋さんは早くに来る」というので、頑張って朝から行ったのに、
だけど結局「遅くなる」ということで、5時間目の後にやることになった。

昼からでもよかったじゃん・・・・・!!! orz

少し、悲しい(ぇ



あと、アヤに彼氏が出来ました、クラスの男子です。
どうやら告白したらOKした模様で。
でもその人中学卒業したら県外に行く人なんですよ。野球の奴で。
ナナと二人で「長くは続かないね」って話してました。
遠距離恋愛なんて、そう長く続かないよ、本当に。
それでなくても、いつも毎日会っていた相手にいきなり会えなくなるなんて、
そんなの耐えれるわけ無いじゃないか、若いんだし。

青春だな、とは思った。


今日は銭湯に行ったです。
肌がつるつるのつやつやです。
また今晩明日にかけて雪が降るらしくって、ドキがムネムネ・・・・w
明日も、頑張って学校行こうかな、って思ってる。
昼からだけどね。

そろそろ本気でどうにかしなきゃいけなくなってるんだね。
みんな新しい道を歩き始めてるんだね。
俺だけだね。

歩き出せずにいるのはさ。
posted by ユーキ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

ばとん。


なんかバトンまわってきたので。
てかこのバトンっていったい何の目的で・・・・(ぇ

もしや国家機密が関連しているのではないk(ry



答えてみました。



+あなたの好きな風景は?

 緑いっぱいになった段々の田んぼ。風が吹くと凄く綺麗なんだよ。


+あなたの一ヶ月のお小遣い(または収入)は?

 3000円くらい。ってか貰える時のが少ない


+あなたの待ち受け画像は?

 姉貴が撮ってくれた風景写真、綺麗だよ。
 裏は滝の写真、これも姉貴が撮ってくれた。


+あなたが結婚するとしたらいつですか?

 一生しないと思う。子供は出来ても籍は入れない。


+あなたが好きな言葉は?

 いつだって心に響く言葉はすぐそこにあるのさ。


+あなたが見てきたドラマで1番好きなドラマは?

 ショムニw 2は好きじゃないw


+あなたは好きな相手に恋人がいて叶わぬ(かなわぬ)恋と知りながらも
 愛し続けることができる人?できない人?

 愛することは出来ないけど、忘れないことは出来ると思う。


+自分は本音が外に聞こえるとしたら最低だと思われる?

 出来る限り思ったことは口に出すようにしてるけど。
 かなーり遠まわしにだけどw


+あなたは天使と悪魔、自分の守護神にするとしたらどっち?

 どちらが俺についても、きっと持て余すぜ。


+あなたが一度はしてみたいと思うことは?

 そうだなぁ、人前で思いっきり言いたい事言って泣きたいかな。


+あなたが心の底から信頼できる人はいる?

 少人数だけどいるね。


+お酒は強い方?弱い方?(弱い人は酔うとどうなるかも記入)

 最近は何か耐性がついてきた、1缶飲むだけじゃ顔は赤くならない。
 胸元がぽかぽかしてよく笑うようになる、口調がいつもより倍にのんびりになる。


+次にまわす五人。

 ケイ兄ちゃん。 琴ちゃん。 秋菜ちゃん。
 うる兄さん。 すだっちゃん。

 見てたらよろしく!!w
posted by ユーキ at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | バトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

雪だあああああああ!!





ぃィイイイイヤァッホオオオオオォォォゥゥゥ!!!!!
いやー!!もう雪大好きなんで興奮しまくりですよわっほいタンクー!!(ぇ
久々にコートマフラー重装備で外に一人でお散歩してきました!!!!
いやあもう本当に真っ白で綺麗でしたよ冷たくて気持ちよかった!!
ほんとは雪の上をごでんごでんしたかったけどアスファルトじゃないと汚れるから、
今日は勘弁しておいてやるぜぇぇええ!!
でも明日になっていればきっと積もっている!積もっているに違いないんだ!!
(*´・ω・`*)それを考えるとワクテカせずにはいられない・・・!!

ちなみに小さな雪だるまを作って、ベランダに置きましたww
とても可愛いです、名前は「田吾作」です。
さかなにも写真をあげました(*´∀`*)

ついでに外だったからちょっとだけ電話しましt

かなり久しぶりに電話したような気がするお・・・
でも声は相変わらず受けっぽかった(マテ
どうしても、受けっぽく聞こえるんだよなぁアイツの声さぁ(ぁ


とりあえず真っ赤になった指をただいま温め中です。
しんしんと積もる雪を見ながら、「これはホワイトクリスマスの確率高いな」と思った。
それと早くみんなに会いたいなぁ、と思ったわけである。
方に乗った雪をはらってぼちぼち歩いてると、
歩いてきた道に足跡がぽつりぽつり。

寒いのになんかうれしくて心がぽかぽかしましたよ。

粉雪がさらさら手のひらの上で溶けるのをじーと見てました。
変な人に見られたかもしれないけど、楽しかったです。
誰か一緒に散歩しましょうよ。一緒に小さなことに感動して欲しいです。


posted by ユーキ at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

ぎゃーっ!!




マイセンスレが大変なことになってると思ったらwww
妹目線オモシロスwwwwwwwwwwwwwwwっうぇwwwっうぇっうぇwwww
VIPスゴスwwwwwwww
俺も兄貴いたらやってたのにwwwwwwwwっうぇwwwっうぇwwww


お兄ちゃんほしかったなー・・・・・・(´・ω・`)
そうだ!母さんが再婚相手に子供がいればいいんだ!お兄ちゃんがいればいいんだ!
母さーーーーーん!!!!!!!1111


ってか、ありゅに貰った Little Little Princess カワユスwwwwwww
聞き心地もいいので聞きまくってますwwwww


あぁーそろそろクリスマスや・・・・、
ホワイトクリスマスにならないかな〜。
ホワイトクリスマスになったら、何かしよう。賭けてみよう。
何が良いかなぁ・・・・?



っていうか、俺んとこの家族、もうだめだ(ぇ
親に向かって中指立てる娘が2人もいるなんてwwwwww
しかもそれに応えて中指立て返す親が2人もいるなんてorz

「死ねw」が挨拶になってきておりますorz
posted by ユーキ at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

もっと、もっと、もっと






叫んで 確かめて 求めて 傍に居て

手足を切り落としてあげる

閉じ込めてあげる

私のものだけにしてあげる

だから さぁ 腕の中においで

私の中に 入っておいで


――――――

ただいまとっても鬼畜な気分です。
誰かを辱めて壊したい気分です。
首を絞めて耳元で愛をささやきたい気分です。
狂った音楽と一緒にバラバラな手足と踊りたい気分です。

とにかく、かなりヤバい状況の頭です。


多分、学校に行って先生と長々とお話したせいだと思われます。
あの人は俺の中にあるものをどんどんと壊していくから怖いんだ。
俺のペースというものをずかずかと土足で入ってきてめちゃくちゃにしていく。
今日だってそうだ。やはりあの人は俺の人生の中であってはいけない人なのだ。

確かに俺は調理師の専門学校に行きたいとは思っていた。
それを母さんに話したこともあったし、本気でバーテンダーになりたいと思っていた。
そうなると当然料理のほうにも知識が要るようになってくる、
だから調理師の資格も取れて高校卒業資格も取れる専門学校のことも、
考えていないわけではなかったけれど。

今の俺の頭で行ける筈が無いから、俺は定時制を先に卒業しようと思ってた。
専門学校に通う時間が少しでも減るようにお金がかからないようにと。
それに本格的に取り組むことになったら俺は東京に行こうと思ってる。
そこには日本バーテンダースクールなるものがあるし、
一人暮らしをはじめるなら良いかもしれないと思っていたから。

もちろんこれが本当に実行されるかはわからないし、
実際俺が高校にいけるかどうかもわからない。
この頭でどこの学校が受け入れてくれるかもわからないし、
何しろ俺が学校で生活していけるかがわからない。

この頭でこの体でどこが入れてくれるだろうか。
この状況でこの精神で何が出来るというんだろうか。


精一杯足りない頭で考えても、
まったく持って道は開けてこないわけで。


先生はどんどん俺を崖に追いやっていく、
俺はその崖の奥に逃げ道を作ろうと急いでいる。
両親は遠巻きから罵声浴びせ、姉は鬱陶しそうに眺めているだけ。

やっぱり人間は一人なんだと思う。
どう転んでもどう生きていても一人。
生まれるときも死ぬときも一人。


もは や
み ち など
 な
   いの
 か        も
       しれ
      な        い


posted by ユーキ at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

擬人化はむずかしい。




擬人化するのが少し楽しくなってまいりまして、
いろんな人を擬人化しまくってます・・・wwww

たとえばこれ。

てーとく.png

提督ってさぁ、年食ってるけど顔は若い感じするんだよね。
なんていうかぷち童顔入ってそうな。
おかげで年齢と外見がかなり差があるような感じで。
でも中身はばっちり熟成してますがな(ぇ



ん〜 また絵チャしたいな。・・・行くか。
posted by ユーキ at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

苦し・・・



久しぶりに酒を飲んだ。カクテルパートナーのカシスオレンジ。
前回いつ飲んだのかは覚えていないが、久しぶりだと思った。
途中から味がわからなくなった。
今は手元に空っぽになった缶があるだけ。

久しぶりに飲んだ酒は美味しいと思えなかった。
途中で胸が苦しくなった。考え事をしながら飲んでいたからだと思う。
今でも胸が苦しい。

タイミングがわからない。
なんていえばいいのかわからない。
好きだっていうだけでいいのにそれも出来ない。
前は出来ただろうに。


好きだ。 好きだ。 好きだ。 好きだ。
これから先ずっと好きでいる保証も何も無いけど、ずっと好きだ。
誰よりも、何よりも、ずっと、ずーっと。

こんなところで言ったって、意味なんてないのにね。
あぁもう、酒、だいぶまわってきたな・・・・。
眠いや。

おやすみなさい・・・・・。
posted by ユーキ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

おーまいべいびぃ





かなり体が廃っております。
最近本当に動かないから少し動いただけできつい。
でも好きなことをする時は驚くほど体力が続く。

家から駐車場まで走ると足がガクガクするのですが、
学校に行ってバドミントンする時はそれ以上に動いているはずなのに体力が続く。

でも最近、ほんっとにやばいです。体が体じゃないです(?
急に腕が震えたりとか、手に力が入らなかったりとか、
「あぁ、やべえな」と思いながらもそれを放置してしまう自分。

でも腕が使えなくなるのは勘弁してほしいかな・・・・、
絵もかけないし、シェイカーも振れない。
少しずつまた体力つけていかないと、だめだね。
正直かったるいですが。




>年賀状の話<

大体誰に送ろうとかは一応考えてるんだけども、
それだけで停止していてイメージが浮かびません><
今年って犬なんだよね〜・・・・。犬か〜・・・・。
わっかんねぇなぁ・・・・・・。










↓こっから下は危険度大なので、吐き出すだけだからあまり見ないほうが良いです。




最近、幻聴じゃないけど独りになると聞こえてくる。
「たすけて、たすけて」とか、「こわい、こわい」とか。
いい加減やばいなぁ、とか思いながらぼーと過ごすわけだけど。

精神的にキてるからかもしれんが、最近体の調子もすこぶる悪い。
お腹が空いたと思うのにちょっと食べたら気分が悪くなったり、
いくら食べても満腹感が得られなかったり、
通常の倍の睡眠をとるようになったり。

楽しいことがある時は、なんとも無くいつもの自分で居られるんだけど、
一人になったり、周りが真っ暗だったりするとキツイ。
夢見も悪くて、いい夢を最近見た記憶が無い。
やっぱ追い詰められてるんだろうな、とか思ってしまう。


誰かに頼りたいけどどう頼ったらいいかわからないし、
頼ったところでそれが重荷になったら嫌だから黙ってる。
口数も減ってきて、話すのも気まずい。
迷惑かけるのが怖くて何も出来なくなっていく気がする。

以前の俺ってどんな俺だっただろう。
本当の俺ってどこにいるんだろう。
俺は誰の俺なんだろう。
今の俺は誰なんだろう。

考え出すと止まらないし、
どんどん追い詰められてって苦しくなる。
誰か助けて。
誰か助けて。
誰か助けて。
誰か助けて。
誰か助けて。
誰か助けて。






誰かにすがって泣き出したいくらい

自分が弱ってるのを感じます。
posted by ユーキ at 16:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

未完成な僕たちだから





最近はよく落ち込むことが増えてきました。
何でだろうとか思ってもやっぱり嫌な思い出がフラッシュバック。
これってなんか一種の病気らしいですね、心の。



大切な人がどこかで傷ついて震えてても、ここから隣にはいけない。
遠くて手を伸ばしても無理で言葉だけしか与えられなくて、
本当だったら傍にいてあげたいのに声をかけてあげたいのに、
この距離はとても惨い。

今日も何処かで泣いているんだろうか。
遠くを見る自分の瞳の奥には何も映らない。


言葉に出さずとも態度だけで伝えられることが出来るなら、どれだけ楽だろう。
遠距離って言うのはこれだから嫌なんだ。
でも、身近に居て毎日顔をあわせていたら俺は壊れてるんだろうなぁと思う。
自分ひとりの時間が必ず欲しい人間なので。

だけど文字だけしか渡すことの出来ないむなしさは、確かに在る。
温もりのない交流だけでは、時折、本当に相手の事を好きなんだろうかと疑うほど。
傍にいられたら。呆然と考えてみても時間が過ぎるだけ。

早くバイクの免許が欲しいです。
いつでもどこでも行けるように、会いたいと思ったら、会いに行けるように。



お金貯めなきゃね。
posted by ユーキ at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

ねこ。




朝、気がつくと。
私は猫になっていた。

茶色のトラ模様、少し眺めの体毛。
柔らかい肉球を見ると少しピンク色だった。
どうやら私は、家猫らしい。


私がぐーっと背伸びをすると、
私の下がふかふかと柔らかいことに気付く。
ふかふかと手のひらで押しつぶしていると、
どこからかクスクスと笑う声が聞こえた。

「おはよう」

私は「おはよう」と返す、「にゃー」としか言わないけど。
どうやら彼は私の飼い主のようだ。


「ちこ、ごはんしようか」

ちこ、それが私の名前らしい。
悪くも無ければよくも無いというか、普通の名前だと思った。
しかし、私が思うに彼は見覚えのある顔。
どこかで見たことのある顔だ。

いや、見たことはあるだろう、
きっと今までずっと一緒に暮らしてきていたのだから。


「ちこ?」


彼が様子が違う私に語りかける。


「どうした?」


優しい声だ。
私は自分の胸の鼓動が早く打つのを感じた。
あぁ、そうだ、彼は、
以前私が人間だったころに好きだった人だ。

そうすると私が人間だったころの思い出がぶわーっとよみがえってきた。


私は逆立つ体の毛をなめた。



「ちこ?おいで」


彼の手招き。


「ちこ」


私を呼ぶ声。



私は猫。
今は猫。
だから、何も考えずに猫らしくしていればいいのだ。
猫らしくという行動がいかなるものかは置いておき、
今は彼の元へ行くのが得策であろう。

彼は擦り寄る私を抱き上げると、
なるべく力を入れないようにやさしく抱きしめた。
無意識にのどがごろごろと鳴る。
今なら猫の気持ちがわかる気がする。



「よしよし」



彼の名はわからない。
けれど彼を知っている。
思い出せはしないけど確かに彼を覚えてる。

彼の手のひらを、覚えている。



彼があぐらをかくと、そこは私の特等席になる。
ちょこちょこと歩み寄り何食わぬ顔で背を丸めた。
その丸まった背を彼の手のひらが撫でる、心地よい。
少しゴツゴツした男らしい手のひら。



もうしばらく彼のそばでこうしていたい。
だけど、私が眠りについて目を覚ますころには、
私はいつもの自分のベットの上にいた。



「・・・ちこ」



私は猫の名前を呼ぶ。



「ちえこ」


自分の名前を呼ぶ。



そういえば彼が言っていた。
「うちの家の猫の名前、お前の名前を縮めてつけた」と。
愛着のある名前だからと、はにかんで笑っていた。






「おはよう」



彼が朝私の家の前にやってくる。
毎朝学校に行くときはこうして迎えに来てくれるんだ。



私は支度を終えて、玄関を出る。
彼が鼻の頭を赤くして待っていた。
外は肌を突き刺すような寒さだ。



「おはよう、ちえこ」


彼がもう一度言う。


「にゃあ」


私は少し笑って、返事をした。
posted by ユーキ at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

か、・・・っカッコイイ!!!




行って来たよ、鑑賞会。
名古屋市ボストン美術館だけどさ、花鳥画・・・綺麗だった。

けどね、歌舞伎の方がめちゃくちゃ面白かったねん。

ロック歌舞伎だったんだけどねw

悪役(メインの人)がめっちゃ素敵でした。
あの笑い方といい、顔をビシッと決めるときといい、
思わず叫びそうになるくらいでした。「キャー!!」
始終ときめきっぱなしで、しかもその人が出て来る時はその人しか見てなかった。
なんか、その視線に気付いててくれたのかな・・・。

幕閉めの時に、拍手送ってたら、目が合って、
「あれ?こっち見てるのかなぁ?俺見てる?」と思ってじーっと見てたら、
なんか笑ってちょっとふざけてくれたので、思わず噴出したら、
どうやらビンゴだったらしく、手を振ってくれました。(* ∀ ) ゚ ゚
振り返しましたよ!!そりゃもう思いっきり!!
笑ってくれたんですよ!!俺に手を振ってくれたんですよ!!(興奮しすぎや

もう、夢心地でした、友達に自慢しまくってうへうへ笑ってましたよ(ぇ
今でもうへうへしてます・・・(ぉぃ

だって、どの役者さんも、誰にもそういう事してなくて、
俺だけなんですよ手を振ってもらえたの(気のせいだって
もうずーっっと台七さんの事ばっかり考えてましたからっ!!

絶対次に二回目見に行くんだー!!
でも・・・高いんだよね、やっぱ・・・3000円近くするの・・・。
会いに行きたいです、握手してもらいたいです、
「カッコよかったです!!」って直に伝えたいです。
マジで、休憩中はナナと好きな役者さんについてぎゃあぎゃあ言ってました・・・ww

もうっ 台七さん愛ッ!!!あの悪っぷりに萌!!!
宮城野なんてどうでもいいさっ!!俺を見てくれ!!(おっかけ・・・


上演中にお弁当食べていいって言われたんだけど、
見るのに集中しちゃって、お弁当半分しか食べれなかった・・・w
見てるときはほとんど瞬きしてなかっただろうと思う。
台七さんが殺されるときは小声で「あ゙ー〜・・・」って言ってしまうくらい(ぇ
はぁ〜・・・見に行ってよかった、たるいたるいと思ってたけど、
あんないい人に出会えたのだ、結果オーライだぜ。

台七さん、もとい、野口さんっ!!
必ず二回目見に行きます!!必ず!!!!
posted by ユーキ at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やかましいっ


昨日のこと、ナナと理科の授業中にだべってた。
最近何か変わった事はなかったか?と聞くためだ。
もちろん情報収集。
だけど最近はこれといって何かあったわけではなさそうだ。

逆にナナが最近何かあった?と聞いてきたので、
乙女事の愚痴をぽろぽろと零してみた。
「なーんだー、ちゃんと女の子してるじゃん!」と言うナナ。
元から女だが。
なんかまぁそういう流れになって「可愛いねー、女の子だねぇー」と遊ばれた。



それから授業中めがねを拭こうと思ってめがねをはずす。
そしたら隣の席にいる光(男)が俺のめがねを奪った。
何をするかと思ったら指紋をベタベタつけやがった、あんにゃろう。
「頑張れサブローw」と笑う、俺は何故サブローと呼ばれているんだ。わからない。
どうやら本名に関係しているらしい。

仕方ない、拭くかと思ったら、めがね拭きがない・・・・・・!!!
家に置いてきてた・・・周りに代用できるものもない・・・。
仕方なく理科の授業はめがねなしで受けた。
光のノートを奪って落書きしてました。


そしたら、男子が席を動いてちょこちょことやっていた。
俺はめがねがないとかなり視力が悪いので、動かない。
少し遠くにいる男子さえ全体的に強くぼかしがかかった感じだ。
授業中に何者かからの視線が・・・史裕だった。
「何?」って聞くと、「めがねつけてねーの?」と言われた。
理由を話したら笑われたぜ・・・・。

「何にしろ見えないことはわかってるんだから、目細めないで普通にしてたら?」
「・・・難しいな・・・・・」
「そのほうが可愛いから」
「黙れたらし」

史裕は女癖が悪いから近づきたくない男bPだ。
仕方ないので指紋ついててもいいからめがねをつける俺。
身の危険を感じる。


最近の男子は何かとそっちの方向へもって行きたがる。
どうやら間違った青春と卒業への意識とストレスが、
恋愛感情とあいまって生まれているらしい。
器用な奴らだ。

女子の中でも似たようなものだが、男子ほどではない。
俺は"彼氏がいる"っていう自己意識から、
もはやクラスの男子にときめこうなどとそういったものはない。
・・・渉は別だが。

とりあえず、彼氏がいると言っているのに、構ってくる男子は後で後悔すればいい。
たまにしか来ないという好奇心を恋愛感情に間違えているならなおさらだ。

もう疲れたから、構わないでくれ。
お前たちほど俺は若くないんだから(´・ω・`)






今日は美術鑑賞会だ。
いろいろと大変になりそうでいやだ。。。
あうう・・・。
posted by ユーキ at 03:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 恋情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

・・・むう・・・






今日は学校に行ってきた、が・・・・・、
もーもーの様子がおかしい。

何か最近、やけに馴れ馴れしいのだ。



も「抱きついてもいい?」
俺「金払うならな」
も「じゃいいやw」

言動はこんなんばっかだし、
理科の授業を終えて教室に戻るときなんか、首に腕を回してきた。

↓こんな感じに

腕.png


お前、かおりちゃんに気があるんとちゃうんかい。
あんた何がしたいんだ・・・・。



あ、それと転校生の男の子、
なかなかよい男の子っぽいねえ・・・・。
今日選択授業の体育で、たまたまバドミントンをすることになって、
相手がいなくて暇を持て余していたら相手になってくれたよ。
ただあまり上手なほうじゃないらしく、
なかなかハネがこっちに来なかったが・・・w

笑ってくれたので良しとする。


そういえばバドミントンする時も、
もーもーが「一緒にやろう」って誘ってきたんだよなぁ。
本当、何がしたいんだあんた。

俺に気があるのか、かおりちゃんに気があるのか、どっちかにしやがれ。



やれやれだぜ。
posted by ユーキ at 16:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。