2006年04月23日

ガ タ カ


主な内容

遺伝子工学が発展した近未来。
社会は遺伝子の優劣においてのみ人間の才能を判断していた。
そのため、新生児は受精段階において遺伝子操作を行われ、
遺伝子的に優秀な人材のみに選別されていた。
そんな中、遺伝子操作をされることなく生まれてきたヴィンセントは、
出生時に約30年の寿命と診断され、
生まれた時から将来の見込みがない子供として育つ。
やがて、ヴィンセントに遺伝子操作を受けた優秀な弟ができる。」しかし、兄でありながら遺伝子の優れた弟には何をしてもかなわず、
希望の無い生活を余儀なくされた。見せ付けられる差。
やがて、ヴィンセントは宇宙飛行士を夢見るようになるが、
その夢も劣性の遺伝子のため尽く断ち切られていった。
しかし、そんな環境においても夢を追い続けたヴィンセントは、
ある日、ずっと勝てなかった弟との度胸比べに勝ち、
家を捨てて一人旅立つ。職を転々しながら下級クラスの生活を送った末、
宇宙飛行士の施設“ガタカ”の清掃業についたヴィンセントは、
ある日、闇業者の手配により、事故のため身障者となった元エリートに偽装し、
“ガタカ”にエリート社員として潜り込む。
しかし、そんなある日、ヴィンセントの正体を疑っていた上司が殺害され…。




なんつーかねカッコいい。
主人公のヴィンセントの葛藤とか、ジェロームとの掛け合いが凄くいい!!
ていうか俺はむしろジェロームラヴ。頑張っちゃうジェロームが好き。
銀メダルしか取れない自分を貶して生きていたのに、
ヴィンセントの夢の輝きに自分を取り戻すっていうか・・・。
でも最後のジェロームは泣きかけたね俺。
馬鹿、なんでそこでそうなるんだ、ってね。

あと洋画は字幕に限る。日本語吹き替えは邪道だと思ってる。
役者さんのちゃんとした声で演技を見たい・・・・と思う。


ってか邦画より洋画の方がよく見るからこう思ってんのかな?


とりあえず!
このガタカ、なかなか良作でしたので、興味がある人是非見てくださいな。


にしてもジェローム役のジュード・ロウさんいい男だよなぁ・・・・(ぁ
posted by ユーキ at 18:31| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

退行 催眠
Excerpt: 退行 催眠
Weblog: 江原啓之 スピリチュアル オーラ 前世
Tracked: 2006-04-25 23:31

ガタカ
Excerpt:  今回紹介する作品は、イーサン・ホーク主演の一味ちがうSFドラマ ガタカ(1997) !!                                                 ..
Weblog: Old Cinema Paradise...
Tracked: 2006-04-30 17:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。