2006年07月07日

鳥。

ある日、鳥籠の中の鳥は、
外の世界に魅了されて空に飛び立つ。

鳥籠は何度も言った。
「行かないで、一人にしないで」

だけど鳥は飛び立った。
真っ青な空はなんて気持ちがいいんだろう。

それから鳥は、別の鳥と出会う。
相手の鳥は見た事もない綺麗な羽根で、
自分の何色もない真っ白な羽根が、
なんだか哀しく見えました。

けれど綺麗な羽根の鳥は言いました。
「あなたの白い羽は美しい、まるで光のようだ」

綺麗な羽根の鳥に、真っ白な鳥は恋をしました。

けれど外の世界は厳しくて、
あっというまに衰弱してしまった白い鳥。
激しい雨に打たれ、よろよろと木の枝に止まる。

綺麗な羽根の鳥には申し訳ないけれどと、
先に行くように促して、うとうとと眠りについた。

白い鳥が夢見たのは、あの鳥籠でした。
黒とも白とも言えない銀色が、
朝の眩しい光に輝くのが、白い鳥は大好きでした。

鳥は一夜をその木で過ごすと、
雨の上がった青い空を見上げました。

「鳥籠に帰りたい」

白い鳥は、ふっ、とそう思いました。
あの綺麗な羽根の鳥は、本当に素敵だったけど、
今はそれより、家に帰りたい。

白い鳥は羽根を広げ、よろよろと飛び立ちます。
けれど何処を飛んでも、あの場所には帰れない。
鳥は何日も何日も眠らずに、
羽根を広げて飛び続けました。

真っ白な羽根は徐々に外気の汚れに染まり、
その羽根がやがて灰色になる頃、
やっと、あの場所へたどり着きました。

そこには変わらない鳥籠が一つ。

「どこへ行っていたの?」
「ちょっとそこまで」
「随分と汚れたね」
「そう?」
「あんなに綺麗だったのに」
「いいんだ、だって、ほら!」

鳥籠も残念そうに訴えました。
だけど灰色の鳥は決して哀しそうにはしません。
鳥は雨露を羽根に少し垂らし、毛繕いをしました。

そして、朝の光に照らすと、
鳥籠と同じ銀色がきらりと光りました。


「君とおそろいじゃないか!」


鳥は満足げに言うと、羽根を思い切り広げた。
朝の光に二つの銀色が光り輝いたのでした。


〜Fin〜
posted by ユーキ at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20392593

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。