2006年08月02日

腹痛

下腹あたりが泣いてる。うううー・・・。


人はいつか必ず死ぬ。
どんな理由であろうと、偶然はなく、そこには必然しかない。

例えそれが戦争の火で焼かれていても、
その「死」は必然。


いつかやってくる「必然」の「死」。
だから今は、君の手の温もりを確かめるよ。




昨日のバイトでは、臓物を切った。
冷凍されていたので水で解凍して、ざるにあげる。
ぐいっと引っ張ると、腸がだらぁっと出てきた。
人間もこんなものなんだろうか、と一人で思う。

店長さんが「気持ち悪いでしょ?女の子にはきついかなって思ったけど・・・」と、
俺を案じてくれたけど、「案外、平気です」と答えた。

包丁の刃で、腸は切られていく。
ぷち、ぷちりと、肉を刃が切り裂いて。
人を解体するときも、こんな感じだろうか、と一人で思う。


なかなか貴重な体験でした。
posted by ユーキ at 08:37| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

幼馴染


まぁ昨日のことは終わりましたので一段落。
靴擦れした足と、歩きすぎてだるくなった体が、
布団に沈んでよく眠れました。
でもほんと足痛い・・・orz


あ、お腹空いてきた。




えっと昨日の夜、静岡の寮制の学校に行った幼馴染が帰ってきて、
今日野球の試合があるからと、こっちに来たらしいんですが、
久しぶりに会った彼は以前よりまた少しガタイがよくなってた。

顔をよく見ると、痛々しい跡。
どうやら取ろうとした野球の球が顔面に当たったらしい、
色黒く変色して少し晴れた目元とかが凄く痛々しい。
「本当はこんな顔で来たくなかったさ」と彼が言うので、
「変わってないよ、隆幸は隆幸だよ」と言ったら、
「いいこと言うねー」と少し笑ってくれた。


やっとそろった幼馴染4人は、やっぱり変わってなかった。
それが何故だか嬉しくて、結構な時間を使って話してた。



彼は今日、試合が終わったら、静岡へ帰る。
沼津の飛竜高校だっけ・・・名前忘れてしまった。

和田隆幸。
絶対どこかに名を残す。
信じてるし、隆幸にはその力があると思う!
野球が大好きで、顔面の怪我から逃げずに、
立ち向かおうとする彼の姿はとても勇ましい、
頑張れ、頑張れ。


ずっと応援してるからさ、思う存分やったろうよ。
有名人になれたら、いっぱい自慢してやるからさ。


posted by ユーキ at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

うはー

鬼束ちひろ落ち着くー・・・・。
この人の歌聴いてるとどんなに自分が切羽詰ってても、
心がふっと救われてくんだ。
盛り上がりの部分は鳥肌たてて聞き入っちゃうくらい。


はぁ、さて、うん。さかなと会ってきます。
自分・・・今冷静にキーを打ってるけど、
心臓の脈の音が少し早くなってきた。
そのうち耳の奥に響くようになるのかと思うと、
ちょっと怖く感じる。


幸せになんて簡単になれっこないとは思うけどね。
でもすぐ傍までやっときてくれたそれを、
みすみす逃がしたりは出来ないんだ。


ごめんなさいは言わないから。
posted by ユーキ at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

子ども扱いかい



無理して赤フレームつけるよか、地味でも普通のフレームがいい。
メガネ舐めんな!!コンタクト!?邪道だばかやろう!!!!111

メガネフェチですごめんなさいむしろ変態だよ俺変態ぎゃあ。


やー、相変わらず人ごみってダメですね俺。
昨日ちょっとだけ初日のおいでん見てきたんですけど人が・・・。
気持ち悪くなっちゃって、目の前の人ごみ見た瞬間足震えて、
自分の横通られただけなのに睨んだりしちゃって、
ダメなんだよ人ごみだけは、本当にダメなんだ。
大地が隣にいてくれたらしがみついてたのに、
時間なくて先に帰っちゃって(´・ω・`)

いつもならもっと強気でいられるんだけど、
人ごみを目前にするとどうしても弱くなるorz
友達が背中さすってくれたり手を繋いで歩いてくれた。
ふらふらしてる俺の事見て泣きそうな顔してたな、
ごめんね心配かけて。

あの、人間の密集した空間というかさ、
匂いも、音も、肌に触れる空気さえ不快になる。
たまにしか見せない弱った部分を友達の彼氏に見られて最悪。
気を許した相手にしか見られたくないんだよこういうの・・・。
多分大地が一緒にいてくれたら平気だったろうな。
まぁでも手繋いでくれてないと倒れてただろうけども。



自分が細くて小さいせいかどんどん一人ぼっちになっていく気がして、
人に押されて流されてしていくのが怖くて怖くて。
もう少し身長があって、肉もついていれば多少は大丈夫だったろうに。
せめて40キロの体重が欲しい。
あと160cmは欲しい。何だ、153cmって。

大地と比べたら20cm近く差があるじゃねえかorz




っと前置き長くなりましたけども、
タイトルのはですね、大地が帰った後弱った俺を連れて公園に行ったのだ。
んで、その日はおかんが寿司を持って帰ってきてくれるらしく、
「早めに帰らないと姉貴に全部食われちゃう」って俺が言ったのが始め。

お寿司の話になり「お寿司おいしいよね!おいしいよね!」と、
俺がはしゃいでいたら二人とも「おいしいね」となんかうんうん頷いて、
「ネタ何が好き?」と聞かれたもんだから、
「まぐろとね!たことね!いくらとね!」と言っていった。

しばらくしてから、「・・・・・・・・・で?」とorz

思わず頭の中にあのAAが思い浮かびましt(ry



悪かったな!!好きな食い物のことになるとダメなんだよ!!!orz
この間、コンビニで買った海老ドリア食べてたときも、
友達の彼氏が「美味しそうに食べるね」と言ってきた。
そりゃー好物食べてるときは誰だって、なぁ?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・おいしかったです。おすし。
posted by ユーキ at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

さよならAndante


好きな人が出来たんだ。
一緒にいると幸せなんだ。
何もなくたっていい、一緒にいるだけでいい。
そういう人が今俺の傍に居てくれてるんだ。

卑怯だって分かってる。
俺はずるい人間だから。
開き直るのもずるいって。
分かってるんだ。

でも、嘘を吐いたり、ごまかしながら生きないと、
変なところで正直に言葉を口にしてしまう俺には、
現実は鋭利な刃になってるんだ。
ズタズタになっていずれ、息をなくしてしまう。


あの人を傷つけたくないんだ。
傷つけたくないから嘘を吐くのかと言われたら、
俺は何も言えなくなるんだけど。
あの人はどうなってしまうんだろう。
どうなってしまうんだろう。

傷つけたくないから付き合っていくだなんて、
俺には出来ない。
重荷にしかならない愛だなんていらない。
ごめんなさいとしか言えない。

でも嫌いになんかなりたくないんだ。
軸をなくした君が崩れていくのは目に見えてる。
だから何度も、軸を作れと言ったんだ。
俺はお前の軸にはなれないのに。

何度も言った。ずっと一緒は無理だって。
それでもふと「このまま一緒にいれたら」と思ったりもした。
でも一晩でこれだけ変わってしまう人の気持ちを、
君は思うように操ることが出来ただろうか。

結局は俺は鳥でしかなくて、
結局は君は鳥篭でしかない。


最後にしよう。
もう、振り返りはしない。
posted by ユーキ at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

肯定否定


バイト楽しいです。料理も、友達も、店長も、楽しい。
でも今日初めて店長が誰かを注意しているところを見た。
俺も注意されたことあるけど、もっと優しく言われた気がする・・・。
何でかな?何でかな。
店長はいい人です。あの子も早く慣れればいいな。
俺のほうがちょっと、ほんっっのちょっとだけ先輩だけど、
なんだか嬉しく感じます。嬉しい。
あの子も一緒に楽しんで仕事ができるといいな。

居酒屋の仕込みやってるわけですけども、
やっぱりいろいろやってると、自分の店がほしいなって思う。
今はまだまだだけどいずれは自分で経営してみたい。
だから今頑張らなくちゃいけないんだ。
学校よりも大切かもしれない。

本当にバーテンダーになりたいと思ったから。
本当にお酒と付き合っていきたいと思ったから。
誰かがおいしいと言ってくれるとすごく幸せなんだ。
料理も同じくらい幸せになれるんだ。

こういう道を歩むのは難しいかもしれないけど、
でもきっと素敵。きっと楽しいに違いない。

頑張ろう!
posted by ユーキ at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

歩き出している。





みんなが歩き出している。

みんなが後ろを振り返らなくなっている。

みんなが大人になろうとしている。

一人一人が

離れ

近づきながら

少しずつ

少しずつ


大人になろうとしている。


知り合ってもう何年になる?

友達になってもうどれくらい?

長い長い時間をかけて

一緒に成長してきた


今度はそれぞれが

それぞれの形で


大人になるんだ。


歩かなきゃ。

歩かなきゃ。

止まっている暇なんて、

ないんだから。
posted by ユーキ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

僕の長い夢

姉はいつも言う。
「何で私中学校時代をネットなんかに費やしてたんだろう」と。
おしゃれや人付き合い、もっとちゃんとしておけば、みたいに。

そして「お前も」みたいな目線で俺に言う。
俺はその度首を絞められるような感じがする。

確かにあんたのネットライフは無駄に感じたかもしれないけど、
少なくとも俺にとってのネットでの人間の輪では、
あの頃にとっては救いでもあったし今思っても充実してたと言える。
「馴れ合い」だとか汚いものを言うように口にするけど、
今あんたがやってることも馴れ合いじゃあないの?
ネットから出て行っただけで今も昔もそう大して変わってないじゃん。
甘ったるい空気振りまいて笑ってる。

多分、最近の自分が変にナーバスなのも、
八方美人にうんざりしながらも我慢したり吹っ切れたりしてるのも、
安定した精神で生活していけないのも、ネットのせいでしょう。
でも俺はネットなんか出来なくったっていい。
こんなもんあってもなくってもそう大して変わりはしないさ。

でも無くなってほしくないのは、その先にいる人間との交流なんだよ。

馬鹿馬鹿しいとか、阿呆らしいとか、思うかもしれないけど、
色んな事があってぶつかったりしてこんがらがったりして、
でも俺の中学校の頃の思い出なんかは、全部ここに詰まってんだよ。
それを無駄だなんて誰が言えるか。
俺が言えないのに誰が言えるか。誰が馬鹿に出来るか。

他人にどうこう言われる筋合いなんてこれっぽっちもありゃしねえんだ。


辛いよ。いつも通り帰ってきても、メッセに繋いでも。
会いたい人に会えなかったり、「今さっき落ちた」と聞かされたり。
話したい事いっぱいあるよ、現実世界の子達が、
どれだけ俺を知らないのか叫びたいよ。
一番落ち着く人たちの中にいたいよ。みんなの傍にいたいよ。
もっと楽しいこと話して笑いたいよ。
どうしてこんなに離れて生まれてきたんだろう、
もっと簡単に会える距離だったら良かったのにと、いつも思う。


こうしてオンラインとの距離を離してしまったら、
いつか爆発するって分かってるんだけど。
だってみんな自分のことでいっぱいいっぱいなんだ。
何だかんだ言って相手のことは二の次だから、
おせっかい焼きの俺は色んなところを行ったり来たりで何倍も疲れる。

ほんとは今の学校も、そんなに好きじゃない。
見かけだけの、つまらない人間が多いから。
上辺だけ装っても、すぐにボロが出るのに、どうして無理して繕うんだ?
お前にはそのサイズは合ってない、って言ってるのにね。

みんながもう少し大人になれてたら。
みんながもう少し大人になったら。

俺もあの学校を少しは好きになれたろう。
でも駄目だ。

何で最近の子ってこんなにも精神的に弱いんだろう。


荒れて、最悪な状況、結局は自業自得、悲劇のヒロイン気取り、
板についたと思ったら自己嫌悪、結果虚弱体質、
薬のお世話、目の下のクマ、吐き気と立ちくらみ貧血とお友達、
家が大変だから、ヤリマン、妊娠しちゃった、今度は産むとか、

哀しいのも苦しいのも可哀想なのも 決してお前だけではないというのに。

俺も彼女らと同じような状況下に置かれたよ。
毎日灰色だったのも覚えてるし、赤い色だけ妙に鮮やかだったのも知ってる。
でもさ、そこで壊れるかな、普通。

弱い人間気取ってれば、餌は寄ってくるの?可哀想だから?
それって惨めって言うんだよ。知ってる?
どうして変なところにプライド使うくせに、どうしてどうして、
自分の価値にプライドをかけないのだろうと、俺は思った。

何であんなつまらない人間ばかり。
もっと苦しい思いをしている子も俺は知っているのに。
お前の傷なんてかすり傷だと言いたくなるくらい。
それなのにそれなのに。

我慢ばかり。
自分が壊れても、もう知らない。
posted by ユーキ at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

どうして君は


そんなに私を失望させるのだろうね

どれだけ信頼を寄せてもそれすべて裏切ってくれる

通りで疲れるわけだ

もう怒り通り越して呆れ返ってます
posted by ユーキ at 22:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

泣きたくなるような空の色


自分で分かってたはずなのにやっぱり寂しいとかエゴ。
どうにかしたいと思いつつやっぱり動けない怠惰。
なんだ、高校生になったって、何一つ成長してないじゃん。
変わったのは腹の内の黒さだけ。
またどろどろ流れて心の中満たしてく。
救われたいと思うのは、甘えなんだろうな。


多分もうそろそろ決着がつく。
自分に対してもあいつに対してもね。

あれだけ姉貴に言われて、これだけ苦しんで、
それでも最後の最後で切り離せないのは、ただの情か。
可哀想だから付き合ってるの?と自分に聞いた。

答えは返ってこなかった。



息が出来なくなるくらい黒いので満たされたら、
誰かの胸で泣きたいもんだ。

まぁそんな簡単に自分の弱い部分人に晒せるほど、
器用に出来てないんですけどね。
posted by ユーキ at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

旅する一家



長野行って来ました。白樺湖の方に。
なんつーか行きはヨイヨイ帰りはぐったり・・・・。
不味い蕎麦いや、熱い銭湯いやー!

これだったら長久手のスーパー銭湯行った方がいいや・・・。
種類も豊富だし、気軽に行けるし。値段はちょっぴりはるけども。

あー、ほんと疲れた。
凄い久しぶりにあんなに日光浴びた気がするよ(・・・
日光浴びると何故こんなにも疲れるのか・・・・。
不思議だ、実に不思議だ。

軽井沢の方にも行くかどうかとか話してましたけど断念。
次は向こうへ行きたいですね。はふぅ・・・。
でも本当に疲れた・・・・寝かせてください・・・・。

posted by ユーキ at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

煙草の煙


この間、大須のアメ横んとこ行ってきた。
んで、煙草専門店っつーとこ行って、煙草買ってきた。
もちろん俺のではない、親が買ったものだ。

・・・つっても、俺も吸うがね。


親父が葉巻をふかしていた。
ゆらりと揺れる白い煙がなんだが素敵だった。

俺は煙草に魅了されてるんじゃなくって
あの揺れる煙に魅了されているようだ。
口の中から気の抜けるような真っ白な煙が空気中に消えるのが、
なんだが詩的で美しく思える。

でも副流煙(漢字分からん)の方が体に悪いから、
なるべく避けたいところ。煙草から出る煙は嫌いだけど、
煙草を吸って吐いたあの煙は好きかな。うん。

そんな事を考えながら、
今日も一日が過ぎていく。
posted by ユーキ at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

睡眠不足


12時間以上寝てる女が何を言うかと。


でも実際ほっとかれると、1日中でも寝てるだろうと思う。
しかもトイレにも行かないで。

不健康だ!!!!!!!!!!!
いまさらだっつのな。


あと、耳の荒れ(ピアスの)が治まってきたなーと思ったら、
またちょっとぐじゅぐじゅになりはじめてきたorz
まぁ仕方ないか、ちゃんと消毒しておかなかった俺が悪いんだし。
ちょっと痛いけど我慢なり。うーむ、マゾい。(?


っていうか俺マゾなの?
某人が言うからにはマゾらしいよ?
言うことがいちいちサドな某人の心をくすぐるらしい。
でも某人にならいじめられてもいいかもと思ってる自分もいる。

ぎゃー だめだめ いやーん(*ノノ)

・・・多分、Mじゃないよw


リバだもん(何



もしあいつと別れたらあの人は俺に振り向いてくれるでしょうかね。
多分、無理だと思ってます。っていうか、人間として違いすぎる。
彼のことは好きだし、お互いに好意を持っていたとしても、
彼と完全に分かり合えることなんて、絶対にないんだと思う。

女って欲張りに出来てるんだね。

いや、
人間が、かな。
こんなこと考えてる俺を彼は軽蔑するだろう。
それでも気持ちはそこに在るものなんですね。
道がいくつも分かれすぎて、どれを選べばいいのかが分からない。

posted by ユーキ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

新しいめがねー



を、買ってもらうことになった。
フレームはちょっち赤っぽい。地味な奴が好き。
あんまり奇抜な色だと顔から浮いて見える。

っていうか髪の毛染めたいでございます。


やっと5月ーやと5月ーGW近しーわはーわはー
今回のGWはどこへ行くのかわくわくでございますねーるるる。
なんか日帰りで温泉行くだとか言ってたけど、
うちの親父は天邪鬼だからギリギリになってやっぱやめがあるからな。
はう。


しかし手持ちに金が無い。スッカラカン。
バイト早く始めたいぜー早く誕生日来いよおるぁー!!
そんでちゃっちゃっと原付免許とってー、るんるんですね!!

でもバイクを買うお金も貯めなきゃいけないという。
うわーん!金欠だよ完璧にー!!
ごるぁぁああぁぁっ!!誰か俺に金恵んでぇえええぇえ!!orz
ほんとない、ほんと。こんなに金がないのも久しぶりだべ。




・・・・シールオンラインおもすれー^w^;;;;;;;;;;;;(駄目人間
posted by ユーキ at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

バトン消化最終

◇くだらない質問バトン

01:針金ハンガーを頭にはめて遊んだことありますか?

 ああ、いや、しゃぼん玉デカいの作るのには使った。

02:石原良純の天気予報は的中率何%ぐらいだと思いますか?

   靴転がして決めるよりは高いと思いますけども。

03:最近、カルシウム足りてますか?

   えー、それはなんだイライラしてんのかって?
   カルシウム足りててもイライラする事はありますって。
   牛乳、美味しいと思いますよ。(学校ののみ

04:荒川静香の「イナバウアー」、真似してみましたか?

   イナバウアーって聞くとさ、稲刈り機思い浮かべるんだけど。
   ほら、名前的にさ、・・・・・ありそうじゃね?イナバウアー

   真似するも何も、後ろに反ったらそのままブリッジしちゃえるから。

05:自動ドアに挟まったことありますか?

   立っても開かない時すらあるというのにどう挟まれと言う。  

06:「ケアル」と「ホイミ」、どっちが良く効きうな感じがしますか?

   いや、ケアルよりホイミより「ヒール」派

07:身近にドラえもんマニアはいますか?

   いませんよw

08:「電気あんま」という技について、何か思うことはありますか?

   男にだけやれよ。セクハラだろ?

09:サランラップ派?クレラップ派?

   使えんならどっちでもいい派




◇携帯バトン

Q1 現在使用している携帯機種は?

   ドコモのP506iC
   真っ黒なちょっとゴツい子です。

Q2 現在の待ちうけはどんなの?

   エミネム!

Q3 現在の着信音(着メロ、着うたどちらでも可)

   ◇電話
    通常設定はランダムにしてあります。
    某人→まほろば○△
    おかん→コブラ (最近まで残酷な天使のテーゼでした)

   ◇メール
    通常設定はテクノトランス
    某人→アシタハアタシノカゼガフク (デジモンですb

Q4 ストラップは付ける派? 付けてるならどんなもの?

   んー別に付いてても付いてなくてもいいんだけど。
   某人が万博オフん時におそろいで買おうって言ったから、
   他に付けるもんもないので付いてます。

Q5 今まで使用した携帯の台数は全部でいくつ?

   3代目、かな?

Q6 月の携帯の料金ってどれくらい?

   3000円。これ越すと今月は何も出来ません。酷いや。

Q7 お気に入りの顔文字は?

  か、顔文字なんて滅多に使いませんよ。

  (*´∀`*)
  (´・ω・`)
  (・∀・)ゞ
  orz

  このくらいかなぁ

Q8 あなたにとって携帯電話とは?

   最終連絡手段?常備必須。
   でないと某人が発狂する。


次にバトンを回す10人を選んでください

誰でも自由に持ってってもよろしくてよ?




◇ボディーバトン

01:身長

 確か153cmから伸びてないはず。でもミリ単位でまだ伸びるっ!!

02:体重

  38キロです、ちょっと増えました。

03:足のサイズ

  23.5でーす。 足はそれなりなのよん。

04:服のサイズ

  S か M

05:髪の長さ

  んーかなり短し。+ウルフ

06:髪の色

  黒。いつか緑にしたいと思っている。

07:パーマの有無

   ストレートに憧れましたが、まぁこれでもいいかと。

08:視力

  あぁ、結構悪いですよ。いくつだっけ。新しい眼鏡ほしい。

09:メガネの有無

  新しいのが欲しい!可愛いフレームないかな。

10:まぶた(一重etc)

  二重です、ぱっちりこん。

11:ピアスの有無(個数・場所)

  1つ、右耳に。そのうち右耳だけ穴だらけにしたいね。

12:アクセサリーの有無(個数etc)

  ネックレスを最近はつけてますね。
  でもそのうちまたつけなくなります。何故かは内緒^^

13:タトゥーの有無(眉毛・アイライナー含む)

  夏にはシールタトゥーを腕につけますけどねー。

14:身体的特徴を一つ(ex.腕が長い)

  背が低い+色白い+細い

15:骨折の有無(原因)

  父親の知り合いの子供と追いかけっこしてて左腕をパキッと。
  ギブスっていい武器になりますねぇ。

16:手術の有無

  ない、けどするかもね。

17:体の中で惜しい箇所

  全身。嫌い、この器。

18:あなたのチャームポイント

  友達が言うからには「目」らしいよ。
  まぁ、一番最初に誉められる場所だしな、何故か。

19:最後に3人以上にバトンを回して下さい。


だから、勝手に、持って、いけ、と!
posted by ユーキ at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

ガ タ カ


主な内容

遺伝子工学が発展した近未来。
社会は遺伝子の優劣においてのみ人間の才能を判断していた。
そのため、新生児は受精段階において遺伝子操作を行われ、
遺伝子的に優秀な人材のみに選別されていた。
そんな中、遺伝子操作をされることなく生まれてきたヴィンセントは、
出生時に約30年の寿命と診断され、
生まれた時から将来の見込みがない子供として育つ。
やがて、ヴィンセントに遺伝子操作を受けた優秀な弟ができる。」しかし、兄でありながら遺伝子の優れた弟には何をしてもかなわず、
希望の無い生活を余儀なくされた。見せ付けられる差。
やがて、ヴィンセントは宇宙飛行士を夢見るようになるが、
その夢も劣性の遺伝子のため尽く断ち切られていった。
しかし、そんな環境においても夢を追い続けたヴィンセントは、
ある日、ずっと勝てなかった弟との度胸比べに勝ち、
家を捨てて一人旅立つ。職を転々しながら下級クラスの生活を送った末、
宇宙飛行士の施設“ガタカ”の清掃業についたヴィンセントは、
ある日、闇業者の手配により、事故のため身障者となった元エリートに偽装し、
“ガタカ”にエリート社員として潜り込む。
しかし、そんなある日、ヴィンセントの正体を疑っていた上司が殺害され…。




なんつーかねカッコいい。
主人公のヴィンセントの葛藤とか、ジェロームとの掛け合いが凄くいい!!
ていうか俺はむしろジェロームラヴ。頑張っちゃうジェロームが好き。
銀メダルしか取れない自分を貶して生きていたのに、
ヴィンセントの夢の輝きに自分を取り戻すっていうか・・・。
でも最後のジェロームは泣きかけたね俺。
馬鹿、なんでそこでそうなるんだ、ってね。

あと洋画は字幕に限る。日本語吹き替えは邪道だと思ってる。
役者さんのちゃんとした声で演技を見たい・・・・と思う。


ってか邦画より洋画の方がよく見るからこう思ってんのかな?


とりあえず!
このガタカ、なかなか良作でしたので、興味がある人是非見てくださいな。


にしてもジェローム役のジュード・ロウさんいい男だよなぁ・・・・(ぁ
posted by ユーキ at 18:31| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

Mixiについて


気に食わないからとりあえず叩く。


何で現実と同じような気分の悪さを、
どうしてどうしてネットワークの中でも味あわなければならないのでしょう?
正面切って言えないような事をこそこそと陰口叩いている人間もいるなら、
それはかなり醜い人たちの集まりになっていることでしょう。

何故、匿名性のあるネットワークの中でまで嫌な思いをしなければいけないのか。


まぁでも俺は別にそんなドロドロの渦の中に入りたいとか思ってないんで。
噂話が好きなおばさん体質の人間が集まればいいんだそんなもの。


大体、メッセとかあるのに何でそんなことまでしなきゃいけないのか。
別にいいじゃんそんなに自分の思ってる嫌な部分曝け出したいの?

ほんとムカつく。そういうの作る人間にもそれに群がる人間にも。


母親がミクシィやってるから招待してくれと頼めばくれるだろうが、
まぁあの人は裏で何やってるか探られたくないだろうし、
あえて招待してくれとは頼むつもりは無い。

負け惜しみとかそういう風に言われても構わない。
つかそんな風に他人を見下して生きている人を逆に同情する。


内輪は安心できるもの、そして人を陥れるもの。更に人間を醜くさせる薬でもある。

それがわかって、やっと一人前なような気がする。



れだみに来てくれる人、俺のと仲良くしてくれる人。
ミクシィなんて入ってなくても別に構わない。
オフラインの友達と一緒じゃなくったっていい。

つーか今の高校の友達がオンラインにまで関わってきたら、
俺首つって死ぬよ?w
posted by ユーキ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

煙草



あいつが苦手だから絶対に吸わないと思ってたのにな・・・
ぷかぷかやっちゃってる自分が凄く嫌やなぁ。
止めるなら今のうちなんだろうけど・・・orz

煙草吸う女は嫌いですかね・・・・。


とりあえず1mgの煙草のみで。(吸った気しないって本当だった)
少しずつ本数減らしてまた元に戻ろう。吸わない自分に。
そういう場でだけって事で。(まだ未成年だろ)

カッコつけで吸いたいわけじゃないんだけどね。



まだ成人になるまでにかなりあるんだから我慢しようよ俺。
まだまだ大人には程遠いんだよ俺。
うががが・・・



寂しいな。自分で選んだ道だけど。
時間帯がずれてるから、喋りたい人とあんまり長く喋れない。
メッセに入るのも結構遅い時間だし、帰ってくるのも・・・。
オフしたいよ、みんなに会いたいよ、また仲良くして欲しいよ。
もう俺オフジャンキーですよ、中毒。

人肌恋しい季節が続きます。
脳内で(マテ
posted by ユーキ at 14:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

空と君のあいだに




空と君との間には 今日も冷たい雨が降る
君が笑ってくれるなら 僕は悪にでもなる・・・

中島みゆき 「空と君のあいだに」より歌詞抜粋


いいよね、この歌。好きだな。
「君が笑ってくれるなら〜」の部分が凄くカッコよい。
あと、中島みゆきさんの声がね、カッコいいんだよ。
透き通るような声だよね、好きだな。
でもCDとか欲しいほどではないです・・・そこらへんシビア。



学校行ってきたよ。
えーと・・・おじさんと喋ったのさ!いい人、優しそう。
あと日系ブラジル人の男の子とちょっとだけ。ほんのちょっと。
やっぱ翔ん家の方から来てるのかな?団地とか・・・
浅黒い肌と少し太めの眉とぐりぐりした目が素敵でした。

やっぱり最初から上手く行くなんて思いません。
でも我慢しつつ直していかないといけないのだろうと思います。

でもね、俺、「王子」でいいとは一言も言ってないんだよね^^
しかも俺を取り合うなんて言語道断なんですよ。
「私のもの」だなんて言われても苦笑以外に何を返せと?
自然に接してくれている方が、幾分楽なんだが・・・。

ノリと通常を使い分けてくれると嬉しい。


ま、それは自己満足と言うか自己悦と言うか。
どれも誰もみな同じなんでしょうけどね。
ただ、ちょっと気に食わなかっただけさ。


あー早くバイクの免許取りてーっ!
posted by ユーキ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

うううーっ

だらっしゃああああああ!!!

はいっ(ぇ

朝早く起きるとどうしてもテンション高いですよ俺、何故ー?
早朝の空気は大好きですよゲヘヘ、透き通った青い世界の空気〜
夏はよく朝焼けを見るために夜更かしして、
光に痛む目を擦りながらつかの間の涼しさを楽しんだなぁ・・・。
そんな夏が、もう長くない頃にまたやってくるんだな。
1年って本当に短いね。でも俺夏嫌いです。(ぁ

それにさ

今もう昔の家みたいに、低い住宅街が続いていて、
その合間合間に、小さな木や花があって、古びれて入るものの、
温かみのある世界ではなくなっているから。
ただ大きくそびえる日陰のマンションですよ。
それに、飼っていたペットも、もういないわけですし。

いつも鬱陶しいと思ってたくらいだったのに、
いざいなくなると寂しく思う、ずるいですよね人間って。

ゴールデンレトリーバーのラッキー、
いきなり親父が犬を買うといい始めて飼った犬。
小さい頃はやんちゃで、色んなものかじって壊したり、
家の中を走り回っては怒られてたね。
大きくなってからは玄関先にいつもいてさ、
散歩行くよって言うと尻尾バンバン振ってたね。
あの頃は飛びつかれるとラッキーの方が背デカくてさ、
力も強いから引っ張られたりとかよくあった。
お互いにライバル視してたような気がするよ。


日本猫(雑種)のちゃとら、
一代目ちゃとらの失踪で母さんが学校の茂みから拾ってきた猫。
一代目のちゃとらとそっくりで、生まれ変わりだとかも言ってたね。
ちゃとらとはよく遊んだ、威嚇しあったりとか鬼ごっこしたりとか・・・
俺が追いかけたりちゃとらに追いかけられたりして。
でも流石に顔面に飛びつかれたときはびっくりしたて。
友達のような猫だった。


ごめんねわがままばかりな人間で、
何処かで必ず生きていて、そして幸せであるように祈ります。





posted by ユーキ at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。