2006年07月07日

な な し


最近タバコを吸うペースが速くなってきた。やばい。
このままじゃ完全にニコチン中毒者だ。どうしよう・・・。
止めようって思うんだけどイライラすると吸っちゃう。
肺に入れることでそれを紛らわせてるだけだからあまり意味はない。
そしてイライラがぶり返す、また吸う、悪循環。

タバコを吸う俺を見てあの人はどんな顔をするだろう。
決していい顔はしないでしょう、タバコは百害あって一利なしですから。
でも止められないんです、このストレスが消えて無くならない限り。
あの人も分かるだろう、この滞りが何者なのか。
消失感、孤独感。お腹の奥底からどろどろ出てきそうな黒いもの。

黒いのを周りに吐き出さない代わりに、白い煙を吐き出す。
副流煙を他人に浴びせかけて、苦しみを分け与えてるみたいに。

雑多の人ごみに流されてふらふらと、都会の道を歩く。
タイルにへばり付いた吐き出されたガムが、なんだか自分に見えた。
なんて惨めなんでしょう、なんて汚いんでしょう。
だけどその内、なんとも思われなくなるんだろう。

ふとした瞬間に、消えたくなる。
このどうでもいい空間から、気分の悪い世界から、
無理をして笑って友達を演じる世の中から、
自分を縛る苦しみから、

真っ白な鳥になって真っ青な空を飛んでみたいと思う。
そして昼間の汚れたビルや車の雪崩を眺め、
「なんと汚らしいんだろう」と呟いてみたい。

そして羽根を休める夜には、夜なのに明るい街並を眺め、
ネオンの瞬く都会の星に見惚れてみたい。
それから「なんと美しいんだろう」と呟いて、
その命を終わりにしたい。

昼間に汚れた風を受けて、真っ黒くなった羽根をしまって、
糸が切れたマリオネットみたいに、ぷつりと息を引き取れたら。



ごめんなさい。

鳥かごには、帰れない。





posted by ユーキ at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕の長い夢

姉はいつも言う。
「何で私中学校時代をネットなんかに費やしてたんだろう」と。
おしゃれや人付き合い、もっとちゃんとしておけば、みたいに。

そして「お前も」みたいな目線で俺に言う。
俺はその度首を絞められるような感じがする。

確かにあんたのネットライフは無駄に感じたかもしれないけど、
少なくとも俺にとってのネットでの人間の輪では、
あの頃にとっては救いでもあったし今思っても充実してたと言える。
「馴れ合い」だとか汚いものを言うように口にするけど、
今あんたがやってることも馴れ合いじゃあないの?
ネットから出て行っただけで今も昔もそう大して変わってないじゃん。
甘ったるい空気振りまいて笑ってる。

多分、最近の自分が変にナーバスなのも、
八方美人にうんざりしながらも我慢したり吹っ切れたりしてるのも、
安定した精神で生活していけないのも、ネットのせいでしょう。
でも俺はネットなんか出来なくったっていい。
こんなもんあってもなくってもそう大して変わりはしないさ。

でも無くなってほしくないのは、その先にいる人間との交流なんだよ。

馬鹿馬鹿しいとか、阿呆らしいとか、思うかもしれないけど、
色んな事があってぶつかったりしてこんがらがったりして、
でも俺の中学校の頃の思い出なんかは、全部ここに詰まってんだよ。
それを無駄だなんて誰が言えるか。
俺が言えないのに誰が言えるか。誰が馬鹿に出来るか。

他人にどうこう言われる筋合いなんてこれっぽっちもありゃしねえんだ。


辛いよ。いつも通り帰ってきても、メッセに繋いでも。
会いたい人に会えなかったり、「今さっき落ちた」と聞かされたり。
話したい事いっぱいあるよ、現実世界の子達が、
どれだけ俺を知らないのか叫びたいよ。
一番落ち着く人たちの中にいたいよ。みんなの傍にいたいよ。
もっと楽しいこと話して笑いたいよ。
どうしてこんなに離れて生まれてきたんだろう、
もっと簡単に会える距離だったら良かったのにと、いつも思う。


こうしてオンラインとの距離を離してしまったら、
いつか爆発するって分かってるんだけど。
だってみんな自分のことでいっぱいいっぱいなんだ。
何だかんだ言って相手のことは二の次だから、
おせっかい焼きの俺は色んなところを行ったり来たりで何倍も疲れる。

ほんとは今の学校も、そんなに好きじゃない。
見かけだけの、つまらない人間が多いから。
上辺だけ装っても、すぐにボロが出るのに、どうして無理して繕うんだ?
お前にはそのサイズは合ってない、って言ってるのにね。

みんながもう少し大人になれてたら。
みんながもう少し大人になったら。

俺もあの学校を少しは好きになれたろう。
でも駄目だ。

何で最近の子ってこんなにも精神的に弱いんだろう。


荒れて、最悪な状況、結局は自業自得、悲劇のヒロイン気取り、
板についたと思ったら自己嫌悪、結果虚弱体質、
薬のお世話、目の下のクマ、吐き気と立ちくらみ貧血とお友達、
家が大変だから、ヤリマン、妊娠しちゃった、今度は産むとか、

哀しいのも苦しいのも可哀想なのも 決してお前だけではないというのに。

俺も彼女らと同じような状況下に置かれたよ。
毎日灰色だったのも覚えてるし、赤い色だけ妙に鮮やかだったのも知ってる。
でもさ、そこで壊れるかな、普通。

弱い人間気取ってれば、餌は寄ってくるの?可哀想だから?
それって惨めって言うんだよ。知ってる?
どうして変なところにプライド使うくせに、どうしてどうして、
自分の価値にプライドをかけないのだろうと、俺は思った。

何であんなつまらない人間ばかり。
もっと苦しい思いをしている子も俺は知っているのに。
お前の傷なんてかすり傷だと言いたくなるくらい。
それなのにそれなのに。

我慢ばかり。
自分が壊れても、もう知らない。
posted by ユーキ at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

どうして君は


そんなに私を失望させるのだろうね

どれだけ信頼を寄せてもそれすべて裏切ってくれる

通りで疲れるわけだ

もう怒り通り越して呆れ返ってます
posted by ユーキ at 22:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

気狂いの歌




ボー―――――・・・・・・ンンン・・・

カッチ・・・カッチ・・・カッチ・・・
posted by ユーキ at 05:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

泣きたくなるような空の色


自分で分かってたはずなのにやっぱり寂しいとかエゴ。
どうにかしたいと思いつつやっぱり動けない怠惰。
なんだ、高校生になったって、何一つ成長してないじゃん。
変わったのは腹の内の黒さだけ。
またどろどろ流れて心の中満たしてく。
救われたいと思うのは、甘えなんだろうな。


多分もうそろそろ決着がつく。
自分に対してもあいつに対してもね。

あれだけ姉貴に言われて、これだけ苦しんで、
それでも最後の最後で切り離せないのは、ただの情か。
可哀想だから付き合ってるの?と自分に聞いた。

答えは返ってこなかった。



息が出来なくなるくらい黒いので満たされたら、
誰かの胸で泣きたいもんだ。

まぁそんな簡単に自分の弱い部分人に晒せるほど、
器用に出来てないんですけどね。
posted by ユーキ at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

旅する一家



長野行って来ました。白樺湖の方に。
なんつーか行きはヨイヨイ帰りはぐったり・・・・。
不味い蕎麦いや、熱い銭湯いやー!

これだったら長久手のスーパー銭湯行った方がいいや・・・。
種類も豊富だし、気軽に行けるし。値段はちょっぴりはるけども。

あー、ほんと疲れた。
凄い久しぶりにあんなに日光浴びた気がするよ(・・・
日光浴びると何故こんなにも疲れるのか・・・・。
不思議だ、実に不思議だ。

軽井沢の方にも行くかどうかとか話してましたけど断念。
次は向こうへ行きたいですね。はふぅ・・・。
でも本当に疲れた・・・・寝かせてください・・・・。

posted by ユーキ at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

煙草の煙


この間、大須のアメ横んとこ行ってきた。
んで、煙草専門店っつーとこ行って、煙草買ってきた。
もちろん俺のではない、親が買ったものだ。

・・・つっても、俺も吸うがね。


親父が葉巻をふかしていた。
ゆらりと揺れる白い煙がなんだが素敵だった。

俺は煙草に魅了されてるんじゃなくって
あの揺れる煙に魅了されているようだ。
口の中から気の抜けるような真っ白な煙が空気中に消えるのが、
なんだが詩的で美しく思える。

でも副流煙(漢字分からん)の方が体に悪いから、
なるべく避けたいところ。煙草から出る煙は嫌いだけど、
煙草を吸って吐いたあの煙は好きかな。うん。

そんな事を考えながら、
今日も一日が過ぎていく。
posted by ユーキ at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

睡眠不足


12時間以上寝てる女が何を言うかと。


でも実際ほっとかれると、1日中でも寝てるだろうと思う。
しかもトイレにも行かないで。

不健康だ!!!!!!!!!!!
いまさらだっつのな。


あと、耳の荒れ(ピアスの)が治まってきたなーと思ったら、
またちょっとぐじゅぐじゅになりはじめてきたorz
まぁ仕方ないか、ちゃんと消毒しておかなかった俺が悪いんだし。
ちょっと痛いけど我慢なり。うーむ、マゾい。(?


っていうか俺マゾなの?
某人が言うからにはマゾらしいよ?
言うことがいちいちサドな某人の心をくすぐるらしい。
でも某人にならいじめられてもいいかもと思ってる自分もいる。

ぎゃー だめだめ いやーん(*ノノ)

・・・多分、Mじゃないよw


リバだもん(何



もしあいつと別れたらあの人は俺に振り向いてくれるでしょうかね。
多分、無理だと思ってます。っていうか、人間として違いすぎる。
彼のことは好きだし、お互いに好意を持っていたとしても、
彼と完全に分かり合えることなんて、絶対にないんだと思う。

女って欲張りに出来てるんだね。

いや、
人間が、かな。
こんなこと考えてる俺を彼は軽蔑するだろう。
それでも気持ちはそこに在るものなんですね。
道がいくつも分かれすぎて、どれを選べばいいのかが分からない。

posted by ユーキ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

Good bye


もう疲れたよ
君の「待ってて」は長くって
私はそこで一人ぼっち待ちぼうけ
君から来る詫びの電話
着信音が鳴るたびに私はため息を吐く

「後もう少し」
「まだもうちょっと」
「すぐに行くから」
「お願い待ってて」

もういや 疲れた
こんなに月は明るいのに
こんなに風は冷たいのに
こんなに人は通り過ぎるのに
私一人ここにいるんだ


ねぇ

ずっと待っていられるほど
私、気は長くないよ・・・

優しい人に声をかけられたら
「一緒に行こう」と誘われたら
私きっとついて行っちゃうよ

ねぇだから

Good bye

最後の言葉
私の口から言わせないで

posted by ユーキ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 黄昏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

ゆっくりと目を開いた


それは深い深い水底で、一点の光だけが浮かんでいた。
私はそれに手を伸ばすと、それを掴もうとした手とを見比べた。
光に手は届かなかった。

不思議と息苦しさを感じないこの深い深い水底は、
いつのまにか黒い闇に包まれつつあった。
誰かが私の名前を呼んでいるような、鈴の音に似た音が聞こえた。

私は開かぬ口から小さな泡を吐き出した。
私はようやく苦しみを得た。そしてただならぬ恐怖を身に感じる。


鈴の音は鳴り止まない。
光はどんどんと小さくなっていく。
闇はまだ私を飲み込もうとその広がりを見せ付けている。
もがくことのできない、私の細く頼りない腕を誰かが掴んだ。


「もう大丈夫だから」
彼なのか彼女なのかは分からないが、その人はそう言った。
そして私を望まぬ深い闇の中へと引きずり込んでいく。


闇の中に落ちた私が見たものは、あたり一面にある光の水面。
私は闇の中を抜け落ちて、光の園へと足を踏み入れていた。
あの光はなんだったのか?悪魔の誘惑だったのだろうか。

私は、天国や地獄が必ずしもイメージ通りのものではないと、
改めて知ることとなった。


だが、ここは一体どこだろう?


「ここは、世界のはずれ」


天国でも地獄でもないと言うのか。
私は首をかしげて光る水面を覗き込んだ。
そこには、多くの管を体につけたもう一人の私の姿があった。
よくある幽体離脱状態なのだろうか、と、私は頭をかく。


「天国や地獄なんてものはないよ、天国も地獄もここだから」



形は人のそれだが、顔も姿もはっきりしない光の塊は私に言った。
そして奥でのたまっている暗闇を指差す。


「ほとんどの人はあそこで命を終える、輪廻からはずされてしまうんだ」


おそらく無限に続くあの苦しみと恐怖を味わいながら、漂うことになるのだ。
私はそれを想像してぞっとした。
では、何故私は助かってしまったのか?



「君がまだ死んでいないから」


どのような基準でそうなっていうのかは分からないが、
そうかと理解する以外ないだろう。私は何も知らないのだから。



「君が3度目の死を迎えたとき、改めてここに呼ぶよ」



光の塊はそういうと、私を光る水面に突き落とした。
銀色の光のような渦に飲み込まれ、目を覚ますと白い病室。
長い夢を見ていたような、しかしハッキリとした。
私は目覚めた体が動かないのを、不機嫌な面持ちで外を見た。




人は3度死ぬ。3度目に生きた一生の業を計算される。
それがクリアされていれば転生できる。クリアできていなければ死ぬ。
人は物理世界で3度死ぬ。だけど4度目は苦しみが永遠に続く。
これを地獄といわず何と言う。

天国も地獄も同じ場所。

生と死は紙一重。


私は自分の死を、ごまかして生きられなくなった。
よかったのか悪かったのか、私はまだ生きている。
posted by ユーキ at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。